20140421

20140407 Perfume FES!! 2014 石川公演


「師」と呼ぶべき宇多丸さんが在籍するRHYESTERとの対バンが実現。今回もメモを取らせて頂きました。宇多丸さんもPerfumeも喋る喋る、メモが追いつかなかった場面も多くありましたが、一応レポとしてまとめさせて頂きます。16列目下手の席でした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

18:29 暗転し、DJ JINがスタッフとともに登場。スタッフが手元を照らし、なにやら調整中。
音が鳴るわけでもない場面、しかしながら観客は一斉に手拍子。
18:31 DJ JINのシャウト、開演。

<SET LIST>
出囃子:After The Last - Intro
01.ONCE AGAIN
02.付和Ride On
 MC
03.ライムスターインザハウス
 MC
04.ちょうどいい
05.POP LIFE × マカロニ
06.キング・オブ・ステージPART2 〜B-BOYイズム
07.ザ・グレート・アマチュアリズム
08.K.U.F.U.
 MC
09.The Choice Is Yours
 MC
10.余計なお世話だバカヤロウ

▼出囃子:After The Last - Intro
J「Perfume FES!!始めるぜー!」と煽り、宇多丸、Mummy-Dもステージに。
宇「2014年!4月7日!今日という日の意味が、わかっている人はどれだけいますか!」
客「イェー!」
宇「今日の意味をわかっている奴は、どれだけいるんだよ!」
宇「意味のわかる人は、人差し指を上げてくれ!」
宇「俺達もPerfumeも、初心に帰る日!初心に帰って、もう一度始める日!初心忘るべからず!『ONCE AGAIN』!」

▼01.ONCE AGAIN
ライムスを普段聴かないPerfumeファンにも、LOCKS!でおなじみかもしれない(私がそうでした)。最初のMCで一気に湧く会場。ライムス、流石という言葉に限る。

宇「Perfume FES!!にお集まりの皆さん!ちょっとジャンプできません?」

▼02.付和Ride On
宇「持ってけるんだろ!?」
宇「No.1!!」

▼MC
宇「HIP HOPは綺麗な曲、歌う曲とは違う。皆さんにめいいっぱい要求するわけです!」
宇「俺的には、今日はいつもより5人増くらいエモーショナルです」
そして軽く自己紹介。

宇「RHYMESTERがPerfume FES!! 2014に参上!俺達がココにいる『文脈』を知っている人はたくさんいると思うけど、この『文脈』についてはあとでたっぷり話します」

この日、前方ブロックにシクシクMVの宇多丸コスが2名。その方々を指し、「今日は特別なお客がいるようでw」

改めて自己紹介ラップへ。よほど気負っているのか、珍しく途中で失敗、「うわあああ!」と嘆く宇多丸。
D「こんな宇多丸初めて見たよw」
宇「いいともの最終回見た人います?アレ、タモさん絶対泣いてたじゃん。アレです」とこの日を特別に感じていることを笑いを交えながら話し、もう一度ラップを。
宇「Perfumeファン多いと思うんで、これくらいで勘弁してやりますw」

Mummy-Dも自己紹介へ。
D「石川、久しぶり。さっき裏で、Perfumeに『君たちのファンって優しいんだよね?』って何度も確認した。いざココに来てみたら…盛り上がりたくて、遊びたくてしょうがない奴らばっかじゃん!びっくりしたよ!みんな最高!」
D「俺はとりあえず、『アガること』なら任せてちょうだい」

宇「RHYMESTERもPerfumeと同じ部分が沢山ある。『ひとり欠けても駄目』、三人でトライアングルなんです」
D「気を利かせて無理矢理だなw」
宇「そう、無理矢理やると何でも繋げたくなる。例えばー、『日本語ラップ』を『JPNラップ』とか」

宇「今日は見渡したところ、(観客の中に)お子さんもいるようで…、ちょっと先程卑猥な動きをしてしまいました、でもこれはパフォーマンスなんでね、そういった動きをする時には合図をするので、どうか、目をスッと塞いで上げてください」

宇多丸のHIP HOPライブ解説。
宇「今はJ-POPでもDJがいて、でも何をやっているのかわかっていない人も多いと思う。2台のターンテーブルで、カッコイイ部分だけを繰り返し掛ける。それを繰り返すことで曲になり、それこそスクラッチしてグルーヴを産んだり。これが俺達にとってのバンド!演奏!今日はDJにも注目して欲しい!」
宇「それじゃ、DJ JIN!」

▼03.ライムスターインザハウス

▼MC
宇「改めて言っておくならば、日本最先端の音楽、色んなジャンルの音楽が集まったPerfume FES!!。RHYMESTERも別に呼ばれてもおかしくないんですよ?ROCK IN JAPANとか、アストロステージだけど。DJは全員アストロステージですよ!?おかしくないんです!でもPerfumeにこれ以上迷惑かけたくないんで(HIP HOP不遇の話については)これくらいにします」

宇「さて、さっき言った『文脈』の話をしましょうか。この中(会場)でも一番古い(Perfume)ファンな自信ありますからね!亀戸は行ってないけど。亀戸は行っていない程度だけど。O-EAST、O-WESTかな?で初めてPerfumeを見た。いやね、2003年のGIRL POP FACTRYかな?それをTVで見て、Perfumeはスウィートドーナッツを歌っていて。他のグループと比べてもダントツだった。『スウィートドーナッツ、おおー!』って。でO-EAST(WEST?)に初めてライブ行ったら「本人達も最高じゃん!」。まあ普段他のアイドルのライブ見たりしないんだけど。」

宇「俺、名前を出すのもアレな、BUBKAという雑誌で14年間アイドル寸評をさせていただいているんですけど…14年だぞ!ずっとPerfumeを応援してきた今ではこんな大きくなったPerfumeだけど、昔はアイドル氷河期みたいな時代もあって。でも曲が出るたび『すごくない!?』『最高じゃない!?』って思ってた。MCもね、『ありえないんだけど!』。ありえないくらい面白い。それ以来、ファンで〜す」と一礼。

宇「ポリリズムでのブレイクまでは親みたいな気持ちといいますか、掟ポルシェ。達とずっと応援していた。でも、それ以降、応援すればするほど、菌がつく…みたいな。でも、僕にとっても彼女たちは恩人なんです。今回、改めて迎え入れてくれたことを感謝してます」

宇「言ってしまえば、Perfumeは『笠地蔵』みたいな感じなんですよ。おや、こんなところに可愛らしいお地蔵さんが3つ…そうだ、この傘をあげよう。…あんた、傘はどうしたんだい?ああ、可愛らしいお地蔵さんに被せてあげてね…。数年後…『Perfume FES!!出ませんか?』。ええー!」
宇「というわけで、そういう『文脈』の話でした」

D「すごい熱だねしかし」
宇「いやいや、Dさんだって、Perfumeにやられてるらしいじゃないですか」
D「まあねえ」
宇「一体いつから?」
D「LEVEL3から」
宇「最新作じゃねえか!」
D「いや、俺がね、TSUTAYAとか行って、普通に和モノを買うことなんて滅多にないよ?普通にカッコイイ、アレは。ファンにニワカも古参もないよ?」
宇「そう!ニワカでもファンはファンだよ!ニワカとか古参とかねーから!ちょっと思ってるけど」

宇「今日はね、ちょっとした、仕掛けといいますか…仕掛けを何個か。用意してあります」
客「おおー!」
宇「2個かな?」
D「言うんじゃねーよ!」
宇「スカパラでもRIPでも、かましてくれたみたいじゃないですか。金沢、言うなれば中田ヤスタカの故郷じゃないですか!ここで俺らがやらせてもらうのが、そう、『ちょうどいい』!」

▼04.ちょうどいい

▼05.POP LIFE × マカロニ
POP LIFEのイントロに被せるように、「2014年、4月7日。今日という日が皆さんの人生の中で忘れられない日になりますように!」と宇多丸。
曲を止める。
宇「せっかくだから、Perfume FES!! ver.でいきましょう!」
DJ JINがあの曲をスタート、イントロをリピート。
宇「これカッコイイよね!これ絶対HIP HOPのビートだよね!これ、何の曲かわかります?これですよ?こんなのね?朝飯前なんですよ!朝飯前ですけど、やってもいいですか!これでやってもいいですか!?『POPLIFE × マカロニ』!

※曲に関しまして
簡単ですが、雰囲気だけでも伝わったらなと、再現させていただきました。



宇「カッコイー!結構、合うでしょ?いわゆるマッシュアップってやつをやってみました!今日のサービス第一弾です!」
宇「BPMがあんまり合うのが無いからとりあえずこれにしたんだけど、まだこれだけでは終わりません!…ただ、こればっかりやるわけではありませーん!」
宇「さっきも言ったとおり、HIP HOPのライブは綺麗な曲ばかりじゃないんです。コール&レスポンス、みなさんも演奏してるつもりでやってもらいたい!」

コール&レスポンスへ。
宇「RHYMESTERー!?」
客「RHYMESTERー!!」×2
宇「Perfumeー!?
客「Perfumeー!!」
宇「No.1ー!?」
宇「No.1ー!!」

宇「そう、本当にNo.1だと思ったら、『No.1ー!!!!!!!!!!!!!!!!!!』みたいに!騒げ!」
宇「さ・わ・げー!!」
客「イェー!!!!!!!!!」

宇「さあ、ゆったりとした曲が続きましたが、俺達のライブはもっと騒ぐものだから!」

▼06.キング・オブ・ステージPART2 〜B-BOYイズム
▼07.ザ・グレート・アマチュアリズム
▼08.K.U.F.U.

▼MC
宇「3人組ということもあってね、俺らもPerfumeと似てる部分がいっぱいあるんですよ」
宇「Perfumeは他の人がやらないことを努力してやっている。今回のツアーだって、単独でやればもっと儲かるのに、工夫して、常にLEVELを上げようとしている。ROCK IN JAPANとかでもトリなのに。そういう場を設けるPerfumeを、『マイメン』っていうか」

宇「今日ココに来た人!わかってる!選んだ人が『一番!』『(他の公演に)負けない!』という風に思って頂きたい!」

▼09.The Choice Is Yours
曲中、「選ぶのは『お前だ―!!』」と観客を指して叫ぶ宇多丸。指された人、羨まし…。

宇「ありがとうございました!今日を選んでくれた皆さんに、感謝!」

▼MC
宇「いや、これで綺麗に終わってもいいんだけど…あ、そっちじゃない!」とコラボを期待した観客に釘刺し。
宇「綺麗に終えるのもアレじゃん」
D「スウィーツ(Perfume)がこれから来るわけだから」
宇「一旦、嫌な気持ちになって帰ってもらうかなと。平日にわざわざ来て、『やっぱりスカパラの方が良かった〜』とかね。そんなん言われたらと思うとね。そういうカチン!みたいなことを言われることもあると思います!」
宇「元気になれる歌ですよ、最後は!俺ら(会場)のね、KIZUNAを確認するような!『余計なお世話だバカヤロウ』!」

▼10.余計なお世話だバカヤロウ

最後の曲を終え、「Perfume FES!!、このあと、心置きなくアガってくばかりでしょ!?」と宇多丸。
宇「このあとのパーティの準備はできていますか!?盛り上がりの、MAXの上の上にいったときに!また出てきて何かやるかもねー!ありがとうございました!」


19:36 RHYMESTER終了(1時間5分)、転換へ。

19:40 手拍子が始まり、コールも聞こえ始める。コール多し。濃い会場と再認識。
19:45 Perfumeスタート。

<SET LIST>
出囃子:Enter the Sphere(short ver.)
01.Spending all my time
02.レーザービーム(Album-mix)
03.ポリリズム
 MC
04.Sweet Refrain
05.マカロニ
06.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
 P.T.A.のコーナー
07.FAKE IT
08.Handy Man
09.チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)
 MC
10.MY COLOR

EC00.Perfumeによるフリースタイルラップ
EC01.ナチュラルに恋して(feat. RHYMESTER ver.)

▼出囃子:Enter the Sphere(short ver.)
衣装はこれと同様。赤白パフュ…何色でも映えますね本当に。




▼01.Spending all my time
「石川ー!楽しんでいきましょー!」と煽るあ〜ちゃん。
かしゆかも笑顔で前方を指差す。

▼02.レーザービーム(Album-mix)

▼03.ポリリズム
膝を曲げるあ〜ジャンプを確認。
ポリループ後のoioiも怒号のような響き、濃い空間だと再認識。

▼MC
三「ありがとうございました」
か「みなさん!」
三「こんばんはー!」
か「改めて自己紹介します、かしゆかです
あ「あ〜ちゃんです」
の「のっちです、三人合わせて」
全「Perfumeです!」
自己紹介中に額を拭うあ〜ちゃん。この時点で既に熱気であふれている会場内。

あ「Perfume FES!! 2014、今日は石川です!」
あ「以前来た時は直角だから、…5年前!(本多の森ホールも)名前が変わる前!また来ました!」
の「前(直角の時)も来た人ー?」ちらほら。
の「またここで会えるなんて、ねー」
あ「いやー、久々!今日はRHYMESTERさんの日です!」

ここから少し昔話。
あ「昔ね、インディーズの時、インストアイベントとかやる時に。毎回掟さん来てくれててね。司会をして、毎回お題を出してもらって。そんで『あ〜ちゃんスベったね、今のスベったよ』みたいな。そういうアドバイス的なのを貰ってたんです」
あ「でも掟さん何言ってるかわからん、ぼーっとしてたんかね。だからよく覚えてない」と初っ端から掟disネタ。
あ「北海道とか行った時もラーメン作ったよね」
の「あー」
あ「ホールケーキ30カットとかしてさ、32カットだったかな?で、それを500円とかで売るんですよ、『いやいや高いでしょ』みたいな。そしたら掟さん『売れればいいんだよ』って」
あ「『そんなぼったくりあるかーい!300円にしましょう!』『300円ならいいんかい!』みたいなね」

の「早朝アイドルとかやったよね〜」
か「早朝ならいいだろwみたいな」
あ「おはようございますって言った者勝ちみたいな。ウチらだけ未成年だったから」

あ「そんなRHYMESTERさん、実は共演ははじめてです!」
あ「ホンマにね、昔から『カッコイイ』って言ってくれてたのは宇多丸さんだけなんよ。世間的にはやっぱりカエラさん、カエラさんが4回かけてくれて話題になったけど。NHKの、ポリリズムの監督さんがたまたま、たまたま(カエラのラジオを)聴いててくれてあのCMが生まれましたけど」
あ「(宇多丸に関しては)なんていうかその…」
か「ま、まあ、宇多丸さんには感謝はしてるよね?w宇多丸さんが(Perfumeカッコイイ!って)言ってるって言えない(言えなかった)、みたいな」
か「でも最終的には宇多丸さん」
あ「『カッコイイ?』ホントですか?大人の言うことはすぐ信じんぞ〜!」と子どもっぽい声で喋る。
あ「ウチらもうね、石橋を叩いて、叩いて叩いて渡らないくらいの感じだったので。いやもう、ありがとうございます」

あ「ウチらのライブが初めての人もいると思いますし、いつもの人もいると思います」
あ「Perfume FES!! 2014。日本の音楽が好きで、海外に出てみても、『J-POP超カッコイイじゃん』って思うんです。でも、それを言う人はあんまりいない。聴いてないから、聴いてくれたら、『カッコイイ』と言ってくれるかもしれない、じゃあ機会を作ろう。そう思って始めました」
あ「尊敬するRHYMESTERさん。RHYMESTERのファンの皆さん、Perfumeのファンも合わさったら、マジで超楽しいんじゃない?今日は『楽しむだけの日』です!つらいこともあると思いますが、今日はどうぞ、よろしくお願いします」

水休憩、のっちMC。
の「石川パーリィピーポーのの皆さん!楽しんでますか?」
客「イェー!」
の「盛り上がってますか?」
客「イェー!」
の「ありがとうございます」

の「今日コスしてるよって人ー?…宇多丸さん!」
Perfumeも先述のシクシク宇多丸2名を発見。
の「あと…こわいんですけど、目の前に私がいるんですよ!」と最前ブロック中央ののちコスの方を指差す。
の「しかも振付も全部完璧だし、落ち着かない!w」
コス冥利に尽きるんだろうなあと関心。
あ「ん?空港で会ったよね?」
コ「××ー!」
か「京セラの時?わかんないから…w」
そして上手後方部にねぇコスの男性を発見。
空港で出待ちしていらっしゃったようで、
あ「随分前から出待ちしてくれとったみたいで。ウチらがバッて(椅子から)立ったら『はっ…!(固)』ってなってて。スタッフさんと話して、(諸々の)確認とかしててもどうしてもその(ストッキングの)ピンク色が気になって、もう1回見たら目が合ってまた『はっ…!(固)』ねー、そうよね?」
コ「そうです!」
の「結構…(声は)男の人ですねw」
あ「こないだはドームだったんで、こんなにハッキリ(観客を)見なかったんですよ。いや、見ようとはしたよ?『見て!』っていうのもわかったw あとあくびとかも!全部見えとるで!」

恒例、グループ分けへ。
【下手】『ラ』チーム。
あ「金沢といえば、金箔のついた色んな物。脂取り紙だったり、カステラだったり。色々あるけど…『ラ』!」

【下手】『イ』チーム。
あ「『イ』!」
客「イー!」
あ「『イー?』じゃなくだよ!」

【中央】『ム』チーム。

あ「『ラ』!『イ』!『ム!』『スタ〜♪』」
(右手でピースを作り、右目のところへ持ってきながら可愛い声で『スタ〜♪』)
あ「あやちゃんが言ったら……あやちゃんだって〜!」と赤面。
の「家じゃんw」
あ「お母さんのが(うつって)出てしまった〜〜ww」

か「(ピースは)どっち手にする?」
あ「みんなで同じ方向にしようか、ウチらは右手、みんなは左手から。『スタ〜♪』『スタ〜♪』」
か「みんな(あ〜ちゃんと)同じトーンにしようとしてるw締まるかな?」
の「締める!」
あ「『スタ〜♪』はちょっと前のアイドルみたいな。うちらが前やっとったような」
あ「『ラ』『イ』『ム』『スター』でひとつになろうと思います」

あ「さて、次の曲に、…だいぶ押してるみたいです!…うーんと、歌います!」

▼04.Sweet Refrain
MCで喋りきれなかった「フルは初」「手拍子お願いします」といったことをイントロ部分であ〜ちゃんが説明。
それにしてもSRの振付、本当に面白い。のっちの静と動の凄み。

▼05.マカロニ
前奏部分、のっちの腰クイッに見とれてしまう。
『POP LIFE × マカロニ』でトラックのカッコ良さを再認識させられた後、本家のが聴けたこの日はやはり格別だった。

▼06.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
セトリに大きな変更は無いだろうなと思っていたので、イントロが鳴り出した瞬間からのっちの歌い出しまで、同行者と顔を合わせて唖然としてしまった(余談ですが、PSPSがきっかけでファンになったといっても過言ではないもので、久々に、ましてやライムスとの対バンで見られるなんて…と涙モノでした)。
前奏部分で「宇多丸さんのリクエストの曲!一緒にやってね!」とあ〜ちゃん。宇多丸さん…グッジョブ!グッジョブ過ぎる。師匠からのリクエストだからこそ、三人も応じたんだろうか。

▼P.T.A.のコーナー
あ「さあさあさあさあ、やってまいりましたP.T.A.のコーナー!」
あ「マカロニ!本日2回目!パーフェクトスター・パーフェクトスタイル!みんなどうだった?久しぶりにやって振り覚えるの大変だったよ〜w」
◎おなじみの声出し/『ラ』『イ』『ム』『スタ〜♪』
◎ホッホー
の「(RHYMESTERでもやってたし今日は)慣れてるw」
◎RHYMESTERリスペクトの声出し
あ「RHYMESTERー!」
客「RHYMESTERー!」
あ「Perfumeー!」
客「Perfumeー!」
あ「No.1ー?」
客「No.1ー!」
あ「さ・わ・げー!」
客「イェー!!!!!!!」
◎歯磨き
◎桃色片想い
あ「今日のRHYMESTERさんの日!快感!この気持ち、片想い?ドキドキ?何色かな?『ピーチ』!みんなで一緒に!」
ワンコーラスを終え、
あ「J-POP最高!あやや最高!あやや結婚おめでとう!」
◎サバイバルダンス・ウルトラソウル

あ「盛り上がってますかー!?」
男子女子…と再び声出しを続け、『ラ』『イ』『ム』『スタ〜♪』まで。
あ「石川ー!」
客「イェー!」
あ「…『FAKE IT』!」

▼07.FAKE IT
あ〜ちゃんの「ジャンプ!×4」といった煽り、それに合わせてステージ中央で回転しながら飛び回るかしゆか。
ButterflyやltwのMVを連想するような、髪の振り乱し方。

▼08.Handy Man

▼09.チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)
あ「ラストスパートだよ!『チョコレイト・ディスコ』!」と言って突入。

▼MC
喋り出す前にのっちが間違えてあ〜ちゃんのマイクを持つヒトコマが。
わちゃわちゃやっていて可愛い。

三「ありがとうございました」
の「久々とは思えないね石川!」
あ「やっぱRHYMESTERすごいね」
か「出来上がってたね〜w」
あ「ヤル気満々みたいな

あ「次の曲が最後の曲です、『せーのっ』って言ったら、掲げて下さい。初めての人も、やってくれますか?」
あ「World Tour回っても、音楽って、その音のことなら通じ合えるんですよね。『伝えたい』『通じたい』っていう気持ちがあれば。だから、RHYMESTERのファンとも通じ合えると思う」
あ「せーのっ」

▼10.MY COLOR

MY COLORを終え、「ありがとうございました」と深々と礼をする三人。
あ「みなさま本当あたたかく、ありがとうございます。本当に楽しい、ありがとう」
あ「では、このあとは…!」
静岡に続きここでテンションMAXのかしゆか。なんだあの可愛い生き物…!
あ「お待ちかね、あの時間です!では、ちょっと待っててね」
捌けていく三人。「ありがと〜」と何度も重ね重ね。

20:44 Perfume終了(59分)。

20:58 PerfumeからRHYMESTERへのビデオレターが流れる。
「RHYMESTERさん、お久しぶりです、Perfumeで〜す!Perfume FES!! 2014、オファーOK、ありがとうございます」
「随分前から。それこそ最初ですよ、インディーズの頃から。ラジオでもお世話になって…カエラさんばかりすいませんでしたっw
「(当日は)是非、楽しい日にしましょう!昔から知ってるライムスさんと!」
「掟さんにも来ていただいてもらって、大喜利とかどうですか、特別で面白いと思うしw」
「オススメあれば教えてください、昔の曲とか組み込んだり」←PSPS inの理由?
「コラボレーションさせていただいたり」
「ラップとかは(対バン相手として)RHYMESTERさんが初めてなので、私達もブンチキパンチキさせていただければなと」
「両方とも三人組なんでね!何かできたらなと、思っております!ということで、Perfumeでした!」

21:00 Perfume再登場。
あ「あのようなビデオを送り、今日があるわけです」
の「掟さんは来ないかな〜?」
か「後ろ(の方)に(観客として)いるんじゃない?w」
あ「あの人メイクも大変なんよ、あとベラベラ喋ってるけど全部台本、カンペ」
あ「トイレでベラベラ練習してて…『怖っ!』って。違う、掟さんはどうでもいい」

あ「お呼びしましょうか!どうやって呼ぼうか?」
の「さっきがいいんじゃない?チーム分けの!」
あ「あ、練習したもんね!『ラ』!『イ』!『ム』!『スタ〜♪』!お願いします!」

RHYMESTERも再登場。
宇多丸が対バンインディゴ、Mummy-DとDJ JINが対バンブラックを身に。

宇「俺らは本当に呼ばれたのか?なんだこの全体にある半笑い感!」
あ「いや、そんなことは!w」
宇「ビデオも『すごい!俺らのために作ってくれたのか』と思ったらみんなだし!カエラの話もしなくていいじゃん!」
か「宇多丸さん語る時にカエラさんは欠かせないんですw

宇「まあね俺らがやる以上、標準的なライブではアレなんで、ギャングな感じをね。ギャングな感じはあ〜ちゃん得意だし」
宇「Zeebraって奴が、『殺しに来たぜ〜』っていう文句をいつも言うんだけど、それを言ってもらいたい」
あ「どの経緯でその言葉になったのか…」
宇「こないだも幕張メッセで『殺してきたぜ!』って言ってた。(Perfumeも)ドームでやれば良かったのに。…違う!お礼言おうとしたんだパーフェクトスターの!」
客「おー!」「宇多丸ありがとー!」
宇「あの曲を今日ココでやる意味がわかる人達が『おー!』って言ってくれてるけど、おっさんの声しか聞こえないな!w」
宇「(RHYMESTERとPerfumeの間に線を引く様なジェスチャーをしながら)『手を伸ばしてももう届かない』みたいな、そういう気持ちを込めてリクエストしました!」
か「なんか全体的に卑屈ですねw」
宇「いやね、一度は俺達『別れよう』って思った仲じゃないですか」
三「言われた覚え無いです!w」
宇「掟ポルシェ。とも話したんだよ、『そーっと、俺らなんかは…』みたいに。というか、掟呼ぶ掟呼ぶ言うんなら、ロマンポルシェ。を呼べ!w」

宇「さっき北海道のラーメンやらケーキやらの話もしてたけど、アレ俺行ってないからね!洞爺湖サンパレス!」
宇「ミッシェルソーリーさん、ミッツィーさんとか…あんたらPerfumeに何させてんだよ!って怒ったね。あ、そうだ、申し訳ないと、去年で終わりました」
三「えーー!?」
あ「掟さんもミッツィーさんもノリノリだったじゃないですか!」
宇「あの人達変な人だからね」

そのまま話題は申し訳ないと、早朝アイドルへ。
宇「イベントの後、打ち上げで中華料理屋行ったでしょ」
あ「覚えてる!」
宇「三人はベロベロのおじさんばかりの中華料理屋、恵比寿のだな、恵比寿の中華料理屋での打ち上げにも来てくれて。そんな中にこんな娘達がいるもんだから、『おお〜天使が降りてきた〜』みたいな」
宇「ベロベロのおっさんしかいないのに三人はついてきてくれたんですよ!偉い!俺はべろべろに酔っ払って寝てたけど」
あ「宇多丸さん寝てたから結局何の人なんかわからんかった」

RHYMESTERの生ライブを初めて見たという話。
宇「俺ら卑猥な動きとかもするんだけど?」
のっち、顔をそらす。タモリ倶楽部等で散々やってきているというのに、なんだこの今更感。
宇「俺らなんかまだマシだよ。ロマンポルシェ。なんかキャベツ千切り投げるからな」

宇多丸リクエストの話に戻る。
宇「俺が司会役で出演したシークレットシークレットもリクエストしたんだけど、それは入らないって言われたんだよね」
あ「流れと合わなかったんで」
あ「それでも、(シクシクのMVとか)覚えとってくれる人がおるんじゃねえ」
再び最前付近の宇多丸コス2名に注目。
宇「(タモリっぽく)司会の方をさせていただきます」
あ「面白いですね〜」
宇「だからなんだよその感じ!」

宇「ビデオでもさ、なんだ『ブンチキパンチキ』って!」
あ「いや、私達とは畑が違うから、うかつに足は入れられないと思って」
宇「その結果が『ブンチキパンチキ』なのか!?w」

宇「いやまあ、じゃあ今日はその畑に足を踏み入れてみましょう」
宇「Perfumeだってラップあるじゃん、575とか。でもあれはPerfumeの三人が歌うから良いんであって、おじさん達が575やっても仕方がないんだよ!歌詞も『電話する?しない?』みたいな感じじゃん。おじさん達が電話を切ったりしても駄目なんだよ!内容的にも不可能という判断をして、結局アレ(POP LIFE × マカロニ)になった」

話題は段々とコラボの方向へ。
宇「三人にはそれぞれマイク、3マイク。1DJ3MC」
D「KICK THECAN CREWみたいだね」
宇「ということは、すぐ仲違いして、解散!」
三「ちょっとちょっとw」

宇「三人には即興でラップをやってもらうかなと!」
三「えー!!?」
あ「ホントにやるんですか!?」
宇「あ〜ちゃんリハでノリノリでやってたじゃん!」
あ「ホントにやると思わなかったし、あたししかやってないし!」
宇「いやー、あ〜ちゃん向いてるなーって思ったよ、言っちゃえば(普段の)MCとか適当だし」
あ「適当じゃないわ!w」

DJ JINがレコードを掲げる。
宇「三人には、これ!ゆったりとしたベーシックなビート、『Impeach The President』に合わせてフリースタイルでやってもらおうかなと!」


宇「なんなら俺がお手本やってみようか?」とド下ネタなラップ(Perfumeを見てエキスが溜まって固まる云々)を披露。
宇「すいませんこれ即興じゃないんです」
完全にステージ上は宇多丸のペース。

宇「でもさ、いきなり言われても難しいでしょ?テーマとかあった方がいい?」
三「欲しいです!」
宇「じゃあ、『俺への感謝』を、ラップにして下さい」
三「えー!!」
宇「出来ないとは言わせないよ?俺、恩人だよ?恩師だよ?いや、もう尊師だよ?」
D「もうパワハラだよw」

▼EC00.Perfumeによるフリースタイルラップ
『Impeach The President』が流れ、半ば強引にPerfumeのフリースタイルラップがスタート。
宇「じゃあまず得意そうなあ〜ちゃんいってみようか!」

【あ〜ちゃん即興リリック(ニュアンス)】
待ちに待った 今日
RHYMESTERの日×3
今日は 会えて嬉しい
初めて見せてもらったライブ
超カッコイイ
言わせてもらうよ 宇多丸さん
あ・り・が・と・う!

宇「YES!!いいね!迷いがないもん!いきなり『1,2,3,』ってリズム刻んじゃってさー」
宇「次は誰だ?誰だ?のっちいってみよう!」

【のっち即興リリック(ニュアンス)】
いつも×4
本当×2 ありがとう
宇多丸さんのおかげで自信が持てた
宇多丸さんのおかげで勇気が出た
マジで尊敬してます!

あ〜ちゃんは最後リズムに合わせてキメたのに、最後の最後だけ喋り言葉のようになってしまうのっち、安定の残念っぷり。

宇「いいね〜。俺ものっちのために作ってきたんだけど。ギャングっぽいの。どうかな?」と宇多丸もまた披露。
『のっち』で韻を踏みまくる。『カールゴッチ』等。

宇「もうね、ギャングといったら、Perfumeで一番ギャングといったらかしゆかなんですよ、かしゆか!」
一番やりたくなさそうだったのもかしゆか。

【かしゆか即興リリック(ニュアンス)】
yeah!…(詰まる)エヘッ
宇多丸さん…(詰まる)アハッ
ずっと感謝してる!
…エー………ハズカシイ!
いつも「最初からずっと見てる」って嬉しい!

か「アー!デキナイヨー!」

案の定、ラップとは言い難い結果。
しかしながらこんな感じだから死亡者大量発生。
宇「OKー!」
OKなのか…w

宇「いやー、難しかったでしょ、フリースタイル。俺らはこんなん振られたら逆ギレするよ」
三「ええー!!」
D「俺らは作りこむタイプだからね」
宇「尊師だからね」
D「宇多丸、今までの何かを埋め合わせるような感じだねw」
宇「え?俺がっつき過ぎてる?いや、一度は別れた仲だから」
三「だからそんな覚えないんですけど!w」


宇「バラエティ的にはこれで締まってるけど、お前らこれで本当に締めんのかって!」
宇「実はもうひとつプレゼントがあります。すごく一方的なものなんだけど」
宇「さっきマカロニのトラックでPOP LIFEやったんだけど、全然違うでしょ、スピード感とか」
あ「声が違うと違って聴こえるんですかね?」
宇「いや、そりゃ声は全然違うよ!そんな、当たり前だよ!」
宇「(RIPが)Baby cruising Loveとかやったんでしょ?」
あ「なんで知ってるんですか!」
宇多丸、無言でキーボードを叩くジェスチャー。
宇「検索検索ぅ!」
宇「スカパラはやられましたねー。そんなさ、スカパラアレンジとかさ、やられたらそんなん良いに決まってるじゃーん!みたいな」
宇「さっきみたいな、マッシュアップでなく、Perfumeの曲にRHYMESTERの『新しい歌詞』を乗せてきたんです!自分達の新曲全然作ってないのに!」
宇「スタジオにも入ってレコーディングしてきた!勝手に、Perfumeの知らないところでラップver.みたいのが出来てるんだよ!w」

宇「曲はあの、『やたらとメールが来る男の人』のやつです」
客「おおおー!」
宇「Dとかね、すごいんだよ!」
D「読んでないメールが4500通くらいあるwメールが来る覚えがない女の人から来るんだよね」
宇「ハッキリ言います!もうね、魂の16小節を書いてきた!本気でやったら100小節とかになるんだけど!今日、どういう思いで来たかっていう16小節!」
宇「でも、…俺らしっかり覚えているのかな?」
Mummy-D、こそっと復習。
宇「今練習するなよ!w」

宇「…やりますか!他の人には真似できないこと!まずその前に、みなさんが準備出来ているのか!?」
宇多丸による声出し。
ホッホー、『RHYMESTERー?』、『Perfumeー?』、『さ・わ・げー!』

宇「いくぜ!『ナチュラルに恋して』!」

▼EC01.ナチュラルに恋して(feat. RHYMESTER ver.)
先にお詫び…といいますか、 RHYMESTER歌唱部分に関しましてはメモが追いつきませんでした(単語の羅列のみのメモです)。なので「だいたいこんな感じだった」というふわっとしたものです…。

順序としては、①イントロで宇多丸による部分・Perfumeの歌うサビ・②Mummy-Dによる部分・③宇多丸による部分part2・Perfumeによるサビ。
二人が書いてきた部分はスクリーンに歌詞表示。

①イントロで宇多丸による部分
Yeah×4
極上のブレンド マスターピース
P E R F U M E
R H Y M S T E R
プチャヘンザプリーズ
↑おそらくここまで2回繰り返し

お待ちかねだろこの3on3
Like this →サビへ

②Mummy-Dによる部分
M O T E×2
俺は人気者
L O V E×2
1日に100件 200件(メール受信)
ここじゃいえないが全部Nasty
(俺の連絡先)どうやって知った?
機械仕掛けのラブゲーム
迷惑メール、Spaaaaaam!!

③宇多丸による部分part2
この部分に関してはタマフルにて、宇多丸本人がライブ後披露(以下引用)。
“エイYO!出会いは2003年の台場
並み居るキラ星のごときライバル
さえも霞む域に既に到達
していたその香りはスウィートドーナッツ
まるで引力 強烈なショック
美味しいレシピ 途切れないストック
これはきっといつか世間に届く
冬の時代にビタミンドロップ
とうにパーフェクトだったスタイル
だがしばらくは辛い時期も耐える
そして4年後風向き変えた
BIG UP!掟さんと木村カエラ
決してゆずれない ここのイズムも
いまじゃ誰もが踊るポリリズム
きりもないし ここでまとめれば
Perfume LOVE FOREVER!“

ステージ上全員ノリノリ、間奏の「POW!」も全力。
最後には全員でキメポーズ。何度かポーズを変える様子も(Perfumeもイメージにない「悪だぜ?」みたいなポーズと腕組みポーズ)。
いやはや、とんでもないプレゼントを仕込んでこられた…。
宇多丸の16小節が進んでいくにつれ、どんどんと大きくなっていった歓声。

宇「どうだ!これだけは、他のアーティストだけは真似させねー!」

宇「カッコ良かったでしょ!?」
か「カッコイイ!」
宇「まあ中田ヤスタカは絶対に首を縦に振らないと思うけどw」

あ〜ちゃんはこの時点で(もっと前に?)涙涙。
あ「音源が(RHYMESTER)から届いた時からもう聴く度に…。どれだけ時間を使ってこれに想いを込めてくれたんだろうって…」
宇「そう!このレコーディングしたやつをPerfumeに送っていたんです!これを、どこかの機会に発表できれば…」
客「おー!」

何度も繰り返し宇多丸にお礼を言うPerfume。
宇「いやいや!見返りじゃない!見返りじゃないよ!『Perfume取り上げたのはカエラが初』!」

宇「ちゃんと聞いて、今から良い話するから」
宇「Perfumeの成功が、俺にとっても成功だった。新しくて良いことをやっている人が報われる音楽業界なんじゃん!そう思ったの!だから俺の方こそお礼を言いたい!」
D「俺もずっとPerfumeを見守ってたよ、だからもう、何も言うな」
宇「LEVEL3からじゃねーか!」
宇多丸、Perfumeの方をしっかりと向いて深々とお辞儀し、「ありがとう」。

宇「RHYMESTERでした!」
捌けていく背中に向かって「良い曲をありがとう!」とあ〜ちゃん。


最後にまたPerfumeのみに戻ったステージ。
の「嬉しいね。本当にカッコイイ人達だからね、すごい体験をしましたよ今日!すごかったね!」
のっちも珍しく涙を流す。後ろを振り向いて涙を拭ったり。
か「すごかった。ナチュラルに恋してに書いてもらったけど、アレは宇多丸さんにしか書けない。(歴史の)遡りじゃないからこそ。嬉しかった」
あ「そういう人と、自分達のイベントで(対バン)出来るっていうのが本当に『やりたかったこと』だなって、そう思った」
か「(フリースタイルの方の)ラップは忘れて下さいw今日だけの秘密だっ」
か「ハズカシイ…w」

あ「いやもう、感無量、感無量感無量です。『冬にビタミンドロップ』って、夏みたいな衣装だったのに、冬に録ったんだったかな?」
の「『冬』ってのはそういうことじゃなくて、『売れなかった』とかそういうことでしょ?w『冬の時代』!」
あ「あ〜w でもあの衣装臭かったもんw」
あ「アレね、Aラインのワンピースで、暑苦しいね。砂浜とかで周りみんな水着とかなのにウチらだけあの衣装で…」

か「歌詞もう一回読み直そっ」
あ「でも歌詞もらってないよね。貰ったの、音だけなんですよ」
あ「…はいw では最後に告知だけさせてくださいw」

あ「4月からNHKさんの『サイレント・プア』さんの主題歌を…(観客を指しながら)あ、あくびしとるね?タイトルは?なんじゃったかな?…『サイレント・プア』!」
か「言ってあげるんだw優しいw」
あ「あと、4月9日にLEVEL3のBD・DVDが発売になります!」
客「イェー!」
の「明日(8日)にはお店に届くのかな?店着日」
あ「ほうじゃね?広島には(フラゲとか)無かった」
あ「ウチらも編集とかしたので、見てくれるといいな」
の「Muumy-Dさんも見てくれるかな?w」
あ「あとで宣伝しよw」

あ「次(石川に)戻ってくる時はもっと盛り上げられるようになって帰ってきたいと思います、その時は来てくれますかー!?」
客「イェー!」
あ「楽しみにしててね!それでは!」
三「Perfumeでした!」

21:41 終了(全体通して3時間1分のライブ)。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「絶対面白いことになる!」
そう思って臨んだライブでしたが、その予想を遥かに越えたものを見せてもらえた一日でした。
参戦した3公演、どれも甲乙つけがたいですが、それでもやはり、石川公演に参戦出来たことはかなり大きく感じるようになる気がします。
最後に。最後の最後、かしゆかが人差し指を口に当てて「シーッ!」とやって捌けていきました(本当に恥ずかしかったんですね)。

1 件のコメント:

  1. 初めまして、Mummy-Dさんよりも更にニワカのファン歴5ヶ月、ファン=デオマと申します。
    私も会場におりましたので、レポートを拝見しながら、あの日の事を思い出して、ついつい涙が…
    素晴らしいライブレポート、ありがとうございました。

    返信削除