20131220

20131207 Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 京セラドーム初日


12月の4日間で行われたPerfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」、
ライブ中にとったメモを少し補完したものを公開させて頂きます。

公演の2週間ほど前からチケット譲渡のツイートも目立ち、「空席まみれになるんじゃないか?」と心配されていましたが、当日私の席(3塁側)からその印象はありませんでした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------


16:59 スタンドから恒例の手拍子が起こる。ドームレベルになると、稚拙な表現になるけどすごい。
17:05 チョコラの「キレイ速攻チャージ篇」「笑顔になーれ篇」「響け、うるおい篇」各CMが流れる。
17:06 影アナのアナウンス。
17:07 暗転し、開演。

〈SET LIST〉
01.*********
02.Enter the Sphere
03.Spring of Life(Album-mix)
04.Magic of Love(Album-mix)
 MC
05.1mm
06.Clockwork
07.ポイント
 MC
08.ふりかえるといるよ
09.Sleeping Beauty
10.Party Maker
11.Spending all my time(Album-mix)
12.コンピューターシティ
 MC
13.エレクトロ・ワールド
14.ジェニーはご機嫌ななめ
15.ワンルーム・ディスコ
 MC
16.未来のミュージアム
 P.T.A.のコーナー
17.だいじょばない
18.ポリリズム
19.チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)
 MC
20.MY COLOR

21.Dream Land


01.*********
「1234567891011」の〈GISHIKI〉にあたる楽曲。
のちのMCでystkが制作してくれたと明かされる。
重り合う、電子音と3人の台詞。
ノイズと入り混じり不確かだが、聴き取ってみたものを。

私達は 夢の中にいる
それは 愛で出来ている
受け入れて ここにいる
繋がって ひとつに
私達は 夢の中にいる
それは 想いで出来ている
受け入れて 伝えて
響いて 一緒に
いつかの 不安
いまの 自信
これからも すべて

SoL衣装で球体に包まれる映像(SoLジャケットのような)。
最後、鼓動のような音が鳴り響き、スクリーンには「Perfume 4th Tour in DOME「LEVEL3」」の文字。

▼02.Enter the Sphere
のっちの衣装に短いマントのような部分があった。LEVEL3ポーズの衣装(光沢のある青)。


誰もがライブの1曲目だと信じていた曲。
メインステージに置かれた球体の上のリフトに現れる3人。
リフトが下がりながら(メイン球体に入っていきながら)、3人は8拍に1歩ずつ、片足片足を動かす。
1曲目から(メイン球体に映された)映像・生身の3人・レーザーがコラボした演出となっていた。
1:52〜の部分で場内にレーザー大乱舞。
3つの出島の上に小さな球体が膨らんでいき、ラストサビでそれを破るようにPerfume登場(上手から、の・あ・か)。京セラが沸く。
アウトロではメイン球体に「LEVEL3」の文字が映し出されていた。

03.Spring of Life(Album-mix)
それぞれが出島にいるので、通して3人が離れて踊っている。
イントロ・間奏での鬼気迫る表情。
ラストサビ後、またもメイン球体に映される3人が踊る映像。そちらに気を取られているうちに、生身の3人はそれぞれ出島の下へ。
広いドームの中で再び3人を見失う。

▼04.Magic of Love(Album-mix)
イントロが鳴るとともにメイン球体が徐々に開いていく。
照明で眩しいその中から、3人揃ったPerfumeが姿を現す。
またも衣装が変わる。今までにない勢いの衣装替え。
白(銀)地に赤・黄・黒・青のラインが入った、いつもの形の衣装に。

▼MC
「京セラドーム、意外と近くない?」
「(微妙な反応を見せたスタンドに向けて、あとでもっと)近くに行くけんね」

「(1曲目も)中田さんが書いてくれたんよ」とオープニングに触れる。
「1年以上前から(ドーム公演を)企画していて、ホンマに楽しみにしてた」

「頑張り過ぎるとあたし良くない方向に行っちゃうから」
吐くようなジェスチャーをしながら「おろろ…」とあ〜ちゃん。
「今(良くないもの)出しました」

(あ〜ちゃんはJPNと言ったが)⊿大阪での【牛丼2杯カツ丼3杯】の話に。
あ「(『お前に食わせるタンメンはねぇ!』の動きをしながら)牛丼2杯はもう食べさせません!」
あ「会長、誓います!」
あ「お腹いっぱいはつらいもん」
の「アレ寝にくいよね」
あ「今日は寝かせます」

水休憩後、おなじみのちょっとしたソロMC。
の「ここで牛丼半分くらいいっちゃうかー」
「大阪ー!」「会いたかったぞ大阪ー!」とコールレスポンスをグダりながら続ける。
の「元気があれば」
観「なんでもでk(ry」の「いくぞー!」
の「…1,2,3,」
観「ダー!」
あ・か「(のっち)自分だけ言わんかった!」
の「あたし(ダー!の部分)言わなかったんよ」と得意気。
か「ズルい奴じゃ」
の「京セラみんなの力で世界をびっくりさせてあげましょうよ」
あ「あんた最初から大きいこと言いすぎじゃろ」

か「これだけ人がいっぱいいるから聞いてみたいことがあったんですけど、ライブ初めてって人ー?」
手を挙げる方々、割と多め。

初日の物販、10:00の時点で1000人並んでいたことについて。
あ「1000人って、O-EAST埋まるレベルよ?MUSEで2,3回できるレベルよ?」
か「(もっさんの)ガラケーの写真でも(人の多さが)わかったよね」
あ「グッズに関してはウチらホンマに力入れているんじゃけど、それでも気に入ってくれるかな…不安。今日(のライブ)大丈夫じゃろか…フアン、ってなる」
あ「でもウチらはひとり駄目でもふたりいるけん」

そして恒例グループ分けへ。
あ「遠くに感じたのをMUSEレベルまで持ってこよう」
あ「リハでも色んなグループやったんよ。…ちょっと待って、良いのが降りてこない」

《1塁側:たまねぎ/3塁側:パン粉/アリーナ:ひき肉/全員:ハンバーグ》に。

あ「たまねぎ!」
あ「(ものすごい声を出す一塁側に)一発目からザーッって!」と嬉しそう。
あ「パン粉!」
パン粉に対しては「距離あるけん食い気味で来れる?」
あ「ひき肉!」
あ「ひき肉がなけりゃハンバーグじゃないじゃん!」
あ「ハンバーグぅ!」
あ「ハンバーグは春菜ちゃんの大好物」

あ「Perfume 4th Tour in DOME『LEVEL3』、チョコラさんにサポーテッドバァイしてもらっています」
あ「それじゃああの曲もやりましょうか」

▼05.1mm
メインステージで踊り始める3人。レーザーは白青赤。
両サイドのスクリーンには、MVでアクリル板に映していたあのタイポグラフィがフルで。
生歌成分高めに感じた。

▼06.Clockwork
機械的(?)に時計のような動きを見せる3人。
「ギリギリはまだ」の部分で、衣装の右裾を少し上げる(?)振付も。
メイン後方のスクリーンに映った、前半は歯車・後半はふたりずつ向き合うPerfumeの映像が印象的だった。
「止まらないで〜♪」の部分から花道の分岐点へ移動。
途中にそれぞれ?の誕生日を両手で示す振付も。
アウトロにはメインに戻り、3人は人形のように静止する。

▼07.ポイント
イントロから出島へ向かっていく(上手からか・の・あ)。
サビに入ると同時になんと花道の一部がクレーンに、3人は遥か上へ。
終盤の「もしも が始まる ポイントで」の部分では、
「もしもが始まる」で脇を開いて閉じて、「ポ」「イ」「ン」「ト」で上から摘んでいき、「で〜♪」で前方を指さす振付。
アウトロでクレーンは下がっていき、左右のクレーンは謎の小島に連結、ステージ構成が変わる演出(中央クレーンは元の位置に)。
しかしかしゆかの右クレーンまで元の位置に戻ってしまうアクシデント。
か「ポイントに戻っちゃった」

▼MC
まずクレーン演出について。
あ「昔嵐さんのコンサートでニノが(クレーンで?)近くに来てくれて、ニノー♡ってなったんよ。それがやりたかった、夢が叶った」

あ「(それぞれが出島に行くと)今までのライブで一番離れているかも(3人の距離があるかも)」
マイク無しでお互いを呼び合う。
あ〜ちゃんは流石。「あ〜ちゃ〜ん!」と叫ぶかしゆか、かわいい。

そこから何故かトトロの流れ。
あ「(メイの真似をしながら)お姉ちゃ〜ん!」
(のっちはサツキ、かしゆかはカンタのおばあちゃんに。それぞれまた呼び合う)
あ「のっちはスッとしとればサツキに似とるよね」
の「ホント?」
あ「サツキは噛まんけどね」
の「あっちアニメーションだから!こっち実写だから」と何故か得意気。

短めの観客いじり。
①MoLのっちコスのイケメン男性
あ「(カメラさんに向けて)こっちこっち。スイッチングアウトお願いします」
カメラさん、映せないらしく(範囲外?)、
あ「デデデデーン」
あ「今の残念な音ね」
その男性の写真を撮りまくる関さん。
あ「あとで関さんので楽しも」
②NHKディズニーコスの方
あ「ソルベェ!のね」と再現。


のっちのコンタクトの話。
の「今日からコンタクト(の度数)を変えまして」
あ「最強のコンタクトです」
か「のっちの目が泳ぐよ〜」

次に、スタンドで【新婚旅行中です】というボードを掲げる方々を発見。
あ「それ拾うと長くなるけん」

それぞれの出島に3人がいる状態。他の出島に空中歩行で行きたいという話。
あ「水の上、空間を走れるようになりたい。大度さん!」
あ「(シャカ兄の発言を引用して)僕たちに不可能はない」
の「それテクノロジーで解決できる?」

安堂ロイドの話。
あ「『想いは100年後に送れる』。…この話長くなるわ、楽屋で」と途中で終わり。

あ「さて次の曲、LEVEL3の中であたしが好きな曲をやりたい。こわいやつ、よだれが垂れるやつ」
の「そんなん(紹介)で聴きたくないよ」
ここから金縛りの話へ。
あ「あたしよく金縛りになるんですよ。で、その間によだれが垂れる」
の「あたし金縛りになっても垂れん」
か「金縛り自体一度もない」
あ「アクターズの頃とか、お泊り会みたいなことするじゃないですか。そういう時もよだれ垂れるのがこわいから自分でタオルとか持って行って。朝起きて誰にも見られんように(タオルを)シャッって取ってサッってしまうんじゃけど、周り見るとだーれもそんなことしてない」
あ「その後、そこで私だけ(よだれ垂らす)ってわかった」
あ「…そんな曲をやります。Perfumeで、ふりかえるといるよ」

▼08.ふりかえるといるよ
冒頭、3人とも手を口元に持ってきてあくび・目をこする。
「ふりかえる〜と〜い〜る〜よ〜♪×4」の部分で、90°ずつ、振り返りざまに(4方向に)手を振る。単純にうまい!と思った振付。全編通してかわいい。
アウトロであ〜ちゃんとかしゆかは通常出島へ移動し、両手を合わせ、寝るような仕草をしながら出島下へ。

▼09.Sleeping Beauty
いつものように映像を流す、単純な着替曲になるだろうという予想は大きく外れた。
チケットの衣装を着た3人がメインスクリーンに。グロバサイト的な地球を、親指と人差指で輪を作り除くPerfume。
当日の(?)3Dスキャンデータでできた三人の像(こちらもチケ衣装)と対峙する。
それらの胸(スキャンデータの集合体)の中から小さい自分自身を抜き取り、映像内のステージへ乗せていく。
次にかし・のち・あ〜の順に3Dデータの観客を同じように抜き出す。最後のあ〜ちゃんチョイスの方(この日はメイン最前付近の方)にライトアップも。めちゃくちゃ羨ましい。
次に映像は、〈Spring of Life〉のMV衣装で球体内に3人がいるものに。
球体をそれぞれ破り(の:肘で か:蹴りで あ:拳で)、外へ出る。
画面手前から流れてくる地球のようなものを眺める3人(4回繰り返される)。
流れてくる地球にはカンヌ・ドイツ・イギリス・フランスと書かれていた(4回目にパリに手をかざすかしゆか)。
世界中から日本へ集まる光。3人は地球に手をかざす。
曲の終わりとともに、3Dスキャンデータの集合体は「Party Maker」の文字へ姿を変える。

10.Party Maker
イントロからドームの中はレーザーの海に(天井に反射した光線は「L」「E」「V」「3」の文字になっていた)。
メイン後方のスクリーンを9分割。3層の足場に乗る3人3が現れる。
「手をかざして 〜 Party Maker」までに、
あ□□
□か□
□□の
の形をとる。照明は3人を光らせる強烈な紫。
それぞれソロダンス。

1:30〜
□あ□
の□か
□□□
に移動。かしゆかのっちが踊り、その後あ〜ちゃんソロダンスへ。

そして
□あ□
□か□
□の□
に移動、あ〜ちゃんとのっちは暗転。かしゆかソロへ。
画面奥から迫るかしゆかの像が何回か繰り返しで映り、その後それが9分割され、パズルのように画面上を動き回る。「Your Party Maker」でパズルが消え、次へ。

□□□
のかあ
□□□
 ↓
□□□
あかの
□□□

「揺らして もっと」で、
□□の
あか□
□□□
に移動。
「Your Party Maker」からのっちソロへ(その間にあ〜ちゃんとかしゆかは下段に移動)
のっちが消え、あ〜かしふたりのダンスへ。

「ah〜ah ah ah〜」の部分で3人とも上段へ。
その後中段へ下がり、スクリーンが黒色に。
右から縦に一列ずつ光りだし、それぞれソロダンス。
■■□
■■□
■■□
 ↓
■□■
■□■
■□■
 ↓
□■■
□■■
□■■

アウトロで下段へ移動、3人は姿を消し、それに伴って上がってくる三人の像。
SBで選ばれた3Dスキャンデータがスクリーンの上の方へ向かっていき、弾ける。
そして映像内に描かれた会場からカメラが引いていくと、会場を上からPerfumeがステージを覗いている。

▼11.Spending all my time(Album-mix)
PMの暗転の間にPerfumeは中央出島に移動。
衣装は白に変わる(丈長め、プロジェクション・マッピング時には左右に開くことができるもの)。
長めのイントロを終え、中央出島から3人が現れる。
以前までのものとは異なり(?)若干黄色がかった序盤のプロジェクション・マッピング。
グロバプロジェクト#003でハッシュタグを用いたアレも演出。


ドームの360°に観客がいる構成に合わせてか、多方向から挟む形で投影し(?)、360°プロジェクション・マッピングまで導入。
従来のドローイングプロジェクトの演出では、メイン上方にあった5つの球体にもデータを投影。贅沢。


アウトロでは暗転し、その間に三人は白衣装を脱ぐ。
曲が終わると同時に、シティのポージングへ。

▼12.コンピューターシティ
ここまですべてLEVEL3の曲、ここでこの曲をねじ込んでくるか。
Samtラストにあのポージングを見せられて、沸きに沸く京セラドーム。
歌い出しから中央出島の中心部が上昇(ともに、メイン付近に6本の柱?が立つ)。
衣装はきらびやかな(赤や紫がかった?)銀のものに。

▼MC
の「(SB〜シティまでの流れについて)ビックリした?
あ「今日はビックリしてばかりじゃね」

あ「水うまい!」→チョコラおいしいという話へ

アルバムプロモでラジオ周りをした時の話。
の「今日FM802のROCK KIDS聴いた人ー?」
手を挙げる人があまりいないのを見て、
の「ウソでも挙げてよ」
か「ウソでええんじゃ?」
あ「みんな正直すぎるじゃろ…」
あ「じゃあSCHOOL OF LOCK!聴いてる人?」
多数手を挙げる。
あ「アレ学生向けなのにこんなにおるんじゃ…!」

あ「ライブも後半戦に差し掛かってまいりました、踊らすよー!」
あ「みんなでひとつになります。ハンバーグは最終的にめっちゃ捏ねてひとつにするもんね」
あ「ハンバーグ最高!」

その後、GLAYのHOWEVERをあ〜ちゃんが歌ったり、DAIGOの真似をしたり。


▼13.エレクトロ・ワールド
近未来三部作ラッシュ。夏フェスで多かった気がしたoioiフライングな方々は見当たらず。
シティ時のように高くはないが、ここでも中央出島の中心部が上昇。
メインスクリーンにはTOKYO CITY SYMPHONYのような映像が。


14.ジェニーはご機嫌ななめ
中央出島から、下手に控えていた新Perfumeカーに移動。
サンタ衣装を羽織り、乗り込む。
Perfumeカーの急発進によりよろけるかしゆかにヒヤリ。
フード被ったかしゆかの破壊力。
これまでと違い3番までのフル歌唱。
2番は「の→あ→か」の順ではなく「あ→か→か」、間違える人多数。
歌いながらサインボールを投げたり、テニスラケットで飛ばしたり。
曲終了に合わせて、本塁付近にある小島(縁に雪・4つのミニツリーの装飾)へ移動。

▼15.ワンルーム・ディスコ
イントロであ〜ちゃんの「京セラドーム!行くよー!!」。前回の東京ドームを彷彿とさせる。
スタンドからすればこの曲が一番近く感じた。Perfumeカー2分割(半周ずつ)の判断は正解。

▼MC
まず360°に手を振る3人。
次に本塁付近にお揃いのショッキングピンクのタイツを履いた3人組を発見(京セラ隣のイオンで買ったらしい)。

そして突如ドラえもん(水田わさびver)の真似をするあ〜ちゃん。
あ(ド)「ぼくドラえもん」
の「だ、誰?」
か「自分で名乗ってるから、そうなんじゃない?」
あ(ド)「そろそろメインステージに戻って下さい」
タケコプター等いくつか道具を出す素振り。
の「絶対(道具)出てきていないのに『出てる』って言ってる、こわい」
あ(ド)「早く乗って下さい、箱にも時間があります」
か「そんなこと言うんだね」
3人ともPerfumeカーに再び乗り込み、
あ(ド)「未来のミュージアム!」

▼16.未来のミュージアム
今度は1塁側を通ってメインに戻りながら。
サビの「M」「F」の振付をやる程度のラフなダンス。
それでもかしゆかノリノリ。かわいい。
Perfumeカーのスピード調整の問題か、曲の終わりまでにメインに辿りつけず、右方花道途中でキメポーズ。
あ「い、いそげ〜」と言いながら小走りでメインへ。その後少しの息切れ。

▼P.T.A.のコーナー
お馴染み、「男子ー!女子ー!そうでない人!眼鏡!コンタクト!裸眼!Tシャツ!PerfumeT!今日このライブを超超超超楽しみにしてきた人!」や歯磨きなど。
音割れやあ〜ちゃんのテンション等で「男子ー!」が本当に聞き取れなかったw

あ「12月7日、クリスマスでーす!」
あ「Perfumeサンタはいたけど、本物のサンタは私達のところに来るんでしょうか?」
あ「四つ打ちストップ!」と叫び無音へ。
あ「…シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン、シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン…(鈴の音)」
か「人力!?」
あ「はい一緒に」
の「…こ、これやれば(サンタ)来るんでしょ!やろう!」と参加。
会場全体でシャンシャン。四つ打ちなしの無音状態もあり、なかなかにシュール。
の「すごい、すごい(シャンシャン)言ってるー!」
あ〜ちゃん(のっちも?)、すてきなホリデイを歌い、終わりに「メリークリスマース!!」


あ「クリスマス終わりー」
の「はい四つ打ち戻して!」

そしてサバイバルダンスとウルトラソウル。
京セラドームはジャンプ禁止と言えど「4回飛びますよー!」と言うのっち。

あ「続いて、動き」
①いつもの「手振って、手振って」
②「サンタ・トナカイ」という異例のもの。
あ〜ちゃんがランダムにやるサンタとトナカイの動きについていく。
かしゆかとのっちも動きに完璧についていけるわけでもなく、グダグダで面白かった。
③あ「グルグルグルグルグルグルふぃ〜」
何回かやり続け、最終的には「グツグツ煮込み、ハンバーグぅ!」に。
④外内外外

▼17.だいじょばない
今年に入ってFAKE ITのポジションを奪った楽曲だが、あれだけのアガり方は見せられず。好きだけど代わりにはならないなあ…って感じてしまった。
ただ、LEVEL3の中ではP.T.A.から綺麗に繋げられる曲なのかな。
「だいじょばなーい♪」のかしゆかかわいい!

▼18.ポリリズム
定番、緑色のレーザーの集合からスタート。
サビで照明が明るくなり、アリーナからスタンドまで見渡せるようになる様は、やはりドームサイズになると格別。
ラストサビ途中から花道を通り中央出島へ。

▼19.チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)
あ「声出すよ!チョコレイト・ディスコ!」
曲の間通して青色の照明多め。チョコの照明としては珍しいような。
ラストサビ突入時に様々な色(銀・金・青?)のテープ大噴射。

▼MC
あ「すごいじゃろ、(テープ)バーンって」
あ「aikoさんのライブでもテープが飛んで、それにメッセージが書いてあって。それを拾って持って帰って、『後ろを振り返ろう』ってよく見返してたんよ」
あ「(私達のテープも)みんなの中でそういうものになったらいいなって」

あ「(このツアーを楽しみに)1年やってきたので、本当に今日は良かったです、ありがとう。私達のLEVEL3、どうでしたか?」
あ「いろんな人おったよね。それどこの音拾ってノッてるん?みたいな人とか」
あ「急にGLAY歌ったり。やわらかい話からバキバキな曲やったり」

あ「グツグツ煮込みハンバーグぅ!はゆかちゃん作です」

あ「あたし、『25歳理論』を信じていまして、『人格は25歳までの過ごし方で決まる』みたいな。それまでに注がれた愛情や経験したこととかで、人の辛さが分かる人や思いやりのある人になったり。あたし25歳までに5回もドームのステージに立てるんよ。こんな(幸せな)人、他におらん」

あ「みんなに何もできていないのに、ずっと日本でやっていなかったのに、いつもと変わらんでいてくれて…」と涙ぐむ。
会場中からまた声援が。
あ「ありがとう」

パソコン教室(PA)の話。
か「スタッフにも拍手を」

あ「音楽は国境を超えれる。繋がれるんよ」
あ「でも今日はみんな同じ国。わかり合えてるはず」
あ「…せーのっ」

▼20.MY COLOR
いきなりの「せーのっ」だったが一斉に手を挙げる観客。
なんだか誇らしげで、多幸感いっぱいで、ここでしか味わえない感覚。
終了後、「楽しかった」とあ〜ちゃん。
あ「また会いましょう!それでは!」
「Perfumeでした!」と異例の早めの〆。

若干のどよめきがありながら、ドームの中は暗転。
挨拶は終えてもアンコールが(他はわからないが3塁側下段では)鳴り響く。

▼21.Dream Land
アンコールとはまた異なるような、いつもと比べ物にならない暗転の短さで3人が再び。
長めのイントロの間に、3人がそれぞれの出島に現れる。
衣装は白。肩からは羽のようなものが生えていて、風で(?)少し揺れていた。
それぞれには下から光があたっていて、顔が見にくい。
サビではレーザーが。目で追っていくと、天井に当たり音符(?)に変化していた。
しっかりと歌いあげる3人。
ラストサビ直前のそれぞれの歌唱部分。のっちはここまで声量あったのか。
そのあたりで3人にあたる光が変化(若干白い衣装が黒くなるような?)。
また、ラストサビと同時に天井(アリーナ中央に2つ、スタンドに4つ)に吊るされていた袋から白い風船が降ってくる。
それに気を取られているうちに、3人はサビを歌い終え、長めにとった間奏の間にメインにゆっくりと移動していく。一度も振り返らず、目線もそらさない。
MoL以降、ずっと開いていたメイン球体がゆっくりと閉じていく。その内部の、眩しい白い光の中に去っていく3人。
ドームは暗転、メイン球体には「SEE YOU NEXT LIVE」の文字が映し出される。

19:44 終演(2時間37分)。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

終演前後、DLの幻想的な世界観に驚かされ、魅せられ、涙が止まらない初日でした。
JPNツアーを「ライブ」とすると、今回のツアーは壮大な「ショー」といったところでしょうか(箱の規模も関係していると思いますが)。
なにかひとつの映画を見終えたような感覚になった終演後でした。
MCもひとつひとつが短め、回数を増やすことで全体がコンパクトになった気がします。

思えば私自身、ツアー初日に参戦するのは初めてで(対バンは除きます)。
どんな盛り上がりになるのか気になっていたのですが、どうやらツアー初日とは思えない盛り上がりを見せてくれたようです。
それにしても、あ〜ちゃんのテンションが今までにないくらい高かったです。

二日目分はこちらからどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿