20120514

20120512 Perfume 3rd Tour 「JPN」 追加公演最終日


様々なニュースサイトやTV番組で概要が公開され、残すは沖縄での「打ち上げ公演」のみとなりました。
覚えている範囲でのレポを書かせていただきたいと思います。
三日目も参戦させていただいたので、記憶が混ざっているかもしれませんがご了承下さい。

完全ネタバレになりますので、そこのところはよろしくお願いします(個人的にですが、セットリストが公開されたのでネタバレ解禁と解釈しました) 。

ちなみに最終日、私は2階南スタンドG列でした。
沖縄には行くことができないので参戦は最後でしたが、最後に全体を見渡すことができるとても良い席でした。





▼氷結CM3連発(Sparking編・MAGICAL MUSIC編・Balloon編)

17:41頃、10分以上鳴り続ける手拍子を遮るかのような大音量で、KIRIN CMの音が武道館に鳴り響く。
影アナのライブ開演アナウンスにより更に盛り上がりは増した。



<SET LIST>

01.The Opening
02.レーザービーム(Album-mix)
03.VOICE
04.エレクトロ・ワールド
05.ワンルーム・ディスコ

06.Have a Stroll
07.時の針
08.微かなカオリ
09.スパイス

10.JPNスペシャル
11.GLITTER(Album-mix)
12.ツンデレメドレー(シークレットシークレット→不自然なガール→Baby cruising Love→575→love the world→シークレットシークレット)

13.コミュニケーション
14.ポリリズム

15.「P.T.A」のコーナー

16.FAKE IT
17.ねぇ
18.ジェニーはご機嫌ななめ
19.チョコレイト・ディスコ
20.MY COLOR

Encore
21.Spring of Life
22.心のスポーツ



 ▼01.The Opening

Budokaaaaaaaaaan!!!!!や⊿ツアーのようなサプライズ登場ではない。
しかし曲からも感じられるように、その厳かな雰囲気は「JPN」の名前を背負ったPerfumeサイドの誇らしげな自身をあらわすようだった。
吊り下げられた三角形のオブジェが上下し、銀色の衣装をまとった三人が階段を一段一段と降りていくたびに高まるライブへの期待感。
やはり気取った時の三人の神々しさは年々増していっている。


▼02.レーザービーム(Album-mix)

イントロと同時に(?)、照明によって場内が赤や青に染まる。
もはや代表曲になりつつもあるレーザービーム。
Album-mixは今ツアーでしか披露していないこともあり、振付を記憶しようと何度も臨むのだがこの日も覚えられず…(笑)
初っ端からあれだけアガらせられたら無理(笑)
曲の終わり、会場のあらゆる方向に広がる緑色のレーザーは絶対に忘れられない。


▼03.VOICE

「everythingを合わせてこ」。
「これから襲ってくる様々な曲を集約させていく!」というような想いが込められているような気がしたり。
ドームでの演出が印象的だが、今ツアーでの演出は残念ながら全く覚えていない…。
ドームのように歌詞をバックに映していたかどうか…。


▼04.エレクトロ・ワールド

“2011年”もあり、しばらくライブではやらないのでは?とも思われていたエレワをぶち込んでくるのはやはりPerfumeならでは。
色々あったあとの⊿ツアーでジェニーやったのを思い出した。
サビでの爆発力・間奏での盛り上がり。
畳二疊で歌っても魅力があるのだからレーザーすら必要としない。
今後もセトリから絶対に外せない。外して欲しくない。


▼05.ワンルーム・ディスコ

 イントロと同時に会場中で右手が上に挙げられる。
四日間とも、あ~ちゃんのシャウトは「Budokaaaaaaaaaan!!!!」 だったようで。
聞けてよかった。
「可愛い曲」と言われながらもやはりライブでは完全に殺しにかかってくる曲だなあと。
よくよく考えたらレザビ~ワンコ、GAMEツアーのオープニング4曲と同じくらいに恐いものなのでは…?


▼MC1

MCの順番等はかなり曖昧。

の「ぶどうかーん!」客「オー!」
の「ぶどうかーん!暑いですかー!」客「オー!」と、しきりに煽ったあとにかしゆか登場。
か「このツアーでは何故かのっちが怒り役で私がなだめる役」
実際に参加した5公演全てでその流れだった気がします。アメとムチ。

か「はじめてPerfumeのライブに来た人ー?」客「イェーイ!」
か「ライブが初めてだっていう人ー?」客「イェーイ!」
そこであ~ちゃんがパンダさんというお方を発見。
なんでもインディーズ時代からずっとイベント等に来てくれていた古参の方だとか。
か「よくもこんな大人数の前で嘘がつけるもんだ」と黒ゆか。
パンダの形をお菓子をよく差し入れとしていただいていた話をした後、
あ「でもあれおいしくないんよ。形は可愛いけど、味はちょっと」っとばっさり。
あ~ちゃんの上げて落とすはお家芸。
流れで名古屋時代の話もしていたけど、
「初めてTVで歌える!でも深夜3時台の番組だった」
「先日メ~テレのスタッフさんにお会いしたら『あの時はすみませんでした』って言われた。何がなん?」みたいなこと言っていて、流石だった。
あと、珍しく最初から「オアシス21」が言えていた。

あ~ちゃんから「5月中武道館は冷房が使えない」ことについて。
頼み込んでも無理なものは無理らしいので、アミューズのお偉いさんである(派手なスーツを着てレインボーの麻のストールを巻いた) 福岡さんに頼んだらしい(福岡さんが頼んでも無理だった)。
この時のあ~ちゃん決め顔・ウインクが素晴らしかった。カメラさんもGJ!
ガイシでも思ったけど(ガイシでも決め顔があったので)、本当に今ツアーのカメラさんはうまかった。
一緒になってライブを楽しんでくれているんだなと。

「それにしても武道館は暑い」ということから、先日塩サウナに行ったという話。
あ・か「普通のサウナに白い何か(塩)が置いてあって、それを体に塗ると一気に水蒸気みたいなのが出て、あ~これが塩サウナか~って」
のっちは2秒くらいで息ができなくなると思って露天風呂に逃げ、くつろいでいたらしい。
あ「優雅か!」

あ「具合が悪くなったら手を挙げるんじゃなくてしゃがんでくださいね。手はみんな上げてるから」「でも『一休み…』なんてしゃがんでると…連れてかれるんよ?」とまるでスタッフが拉致でもするかのような(笑)

声出し。
最終日のグループ分けは東側「パ」、西側「フュ」、南側「ム」、全員で「Perfume」。
のっちが「フュ」を言えないという話になり、のっちは「言えるよ!」とばかりに何度も「フュ!」「フュ!」。
あ「まあ単独でいうことないけん」


▼06.Have a Stroll

今ツアー初めてスタンドだったのだが、スタンドで見ていると出島付近が羨ましくてたまらない。
三人とも可愛過ぎる。The Opening等とのギャップが三人の魅力の一つ。
ちなみに僕は三日目は出島真横だったので、「どおしよう 2人で食べたかったプリンの」の振りで昇天させられた。
曲が終わると共に暗転。


▼ 07.時の針

今ツアーの肝はこの曲とGLITTERではないかと個人的に思う。
三人にドール感を出させたら右に出る者はまずいない。
かしゆか→Perfumeの過去 のっち→現在 あ~ちゃん→未来 と歌っていると勝手に思っているのもあり本当に好きな曲。
「流れる映像の衣装が‘10紅白のものではないか」といわれているが違った気がする…。



▼08.微かなカオリ

時の針で三人が人形のように静止したままイントロを迎える。
歌いだしと共に動き出すのだが、ここも見逃せないポイントだった、一瞬にして人間味のあるPerfumeに。
実に可愛らしい曲だが、会場で聴くと印象は大きく変わる(どの曲でも身体を震えさせるベース音)。
三人がじゃれ合う間奏部分、三日目にのっちが楽しみすぎてマイクを落としたのだが、最終日は落とさないようにしっかりと両手で持っていたらしい…(笑)


 ▼09.スパイス

出島が迫り上がり、バックライトを背負いながら三人が踊る。
聴いていると広大な空間にいるように錯覚させられるこの曲、武道館で聴けてよかった。
今回のチケット抽選等を経て、「武道館が小さく感じた」人も多いが(僕も思った)、やはり武道館はPerfumeにとって大きい存在で特別な場所だと思う。


▼10.JPN Special

モニターに映し出される「sound by 中田ヤスタカ(capsule)」の文字で 気分は一気に高まる。
どのワンマンでも言えることだけど、着替え曲だと思って座っていた人、ホントにもったいない。
かしゆかは「capsuleさんみたいにかっこいい尖った曲」と言っていたけど、正直capsuleにも無いレベルの曲だと思う。音源欲しい。
三角形の中に映し出される三人。スローモーションの中で組手。
ドームのように映像とシンクロした演出。一人ずつ、堂々と現れる三人。
「J・P・N」、「今、私たちにできること」。
はっきりと公言することはないが、三人の気持ちが伝わってくる瞬間だった。


▼11.GLITTER(Album-mix)

先述の台詞を聴いた後の曲はまたその印象を強くさせた。
青がかった暗闇の中に光る緑色のレーザー・神々しい衣装をまとった三人の一体化は芸術レベル。
レーザーとの一体化といえば⊿ツアーのedgeを彷彿とさせるのだが、個人的にはそれを凌駕していたと思う。
三人が出島に集結する際、武道館の天井にはレーザーで描かれた三人の名前。
吊り下げられた国旗と相まって、非常に感慨深かった。
最後に中心に向かってレーザーが集まり、三角形を描きながら消えていく様も幻想的。


▼12.ツンデレメドレー(シークレットシークレット→不自然なガール→Baby cruising Love→575→love the world→シークレットシークレット)

いつからか名前の頭に「ツンデレ」がつけられていたが、その名の通り最初のシクシクはサビに入ると思いきや入らない。焦らされる。
全部フルで聴きたいんだけど、まあやっぱりこれだけ曲増えてしまうと無理だなあと。
不自然の敬礼あ~ちゃんは本当に良い。
今度また代々木の時のようなメドレーをやってくれたらな…!


 ▼MC2

かしゆか・のっちによるJPN Special~メドレーまでの話。
JPN Specialを作ったのはグロバサイトを作った方(シャカシャカ兄さん)。
か「周りのスタッフには神がいっぱいいる。照明の神、振付の神…」「あたしたちは違うよ?」
何の流れかは忘れたが、その後モンスターエンジンの某ネタをやった時に「やっぱ三人も神じゃねーか(笑)」と思った(笑)
GLITTERに感する発言の際に少し涙ぐんでしまった…。
三日目も話していたが、メドレーははじめ「ツンツンツンメドレー」だった(最後までシクシクのサビを入れるつもりはなかった)。
 
そして客いじり。
「ystkコスの人ー?」って聞かれて手を上げていたんだけど、まあ最終日は多かった。
10人くらいいた気がする。
初日に現れた(JUMPERできなくてダメ出しされた)ystkコスがまたもアリーナに。
三人がイントロを歌い、初日ystkが一人千手観音する光景は非常にシュールだった。
彼は四日間毎日参戦していたらしく、
あ「あんたねぇ、今日どれだけの人が駅の前でプラカードとか持ってチケット欲しがってくれとると思っとんの」 。
そこから三日目のystkコスがCOWCOWの伊勢丹の方に似ていたという話になり、三日目に三人でやろうとしてできなかった「あたりまえ体操」を実践。
アドリブで揃うんだからやはり凄い。

 
2階南東に「凛として時雨」のタオルを掲げる二人組が。
あ「今誰のライブかわかる~?」
ここから「nakano kill youってどんな曲だっけ」という話になり、
の「ズッダズッダズッダズッダ キュイーン」×2
か「ナカーノキルユーナカーノキルユーって345さんが歌ってるのしか覚えとらん」
あ「ここで考え込んでたら(曲の)振り忘れそうじゃ」と。
あ~ちゃんは「nakata kill you」と一度言ってしまい、「駄目じゃ中田さんに食われとる」とも。



▼13.コミュニケーション


武道館で初披露。勝手にFAKE ITに似ていると思っているのもあり、アガった。
「ほっぺたの膨らみくらいはあるよ」の後のかしゆかに殺された。kashino kill you…。
「骨折れる」の部分のあ~ちゃんにはドームでのMCを思い出させられた。
結構横ステップ多かった気が。


▼14.ポリリズム

武道館では直前にコミュが入ったため無くなったが、「前向きな思いを巡らすこの曲、ポリリズム!」というタイトルコールは本当に良いもの。今ツアーは良いタイトルコールが多かった。
ポリループ後の客電が明るくなった瞬間は言葉に表すことができない。
ポリリズムは大切な曲だよホント。
これで盛り上がっているとやはり全員で楽しんでいる気分が強まる。


▼15.「P.T.A」のコーナー

毎度おなじみこのコーナー。
「男子!女子!そうでない人!」
そうでない人が多めに感じた最終日。
「夏色のナンシー」も全国を経て盛り上がりが強くなっていたように感じた。「yes!」って飛ぶの楽しい。
TRF、B'zからの「動き」。
最終日はかなり長かった。ドSあ~ちゃん炸裂。
か「先生、手が…」
あ「ウチらこれでいっつも踊ってんだからね!」
あと「グルグルグルトントン!」の時にのっちが「もっと上!もっと横!」と言っていて、「もっと横って何だ?」と会場がどよめいた(笑)
「外内外外」が揃った瞬間、あ~ちゃんが「凄い!ナウシカみたい!」と言っていた。
の「昨日のやつね(笑)」
「昨日ナウシカ見た?」とか会話始めちゃって、もうドームのPerfume(曲)とは比べ物にならないレベルできつかった(笑)


▼16.FAKE IT

あ「踊れぇ!FAKE IT!」
P.T.Aで散々動かされ疲労が溜まっているにも関わらず、FAKE ITで観客は踊り狂わされる。
言ってしまえば体が勝手に反応するので踊るしかないのだが…。
今まで6回ライブで見たことあるが、飛び回って踊り狂っているのでこれも振りはひとつも覚えていない…。
照明は赤かった気がする。
ああ、早く映像化されて欲しい。


▼17.ねぇ

出島に三人が集まり曲は始まった。ドームでの初披露が少しよぎった。
二番サビに入る直前、あ~ちゃんが「(頭の上で)クルクルするよ~」みたいなジェスチャーを出島付近に向かってしていた。
やっぱりステップ部分はかっこいい。地蔵だった人もそこではノっていた。


▼18.ジェニーはご機嫌ななめ

御馴染みのマイクスタンドが現れ、観客の怒号のようなoioiが鳴り響く。
最近よくわからない部分でコールする人が多いなあ…と個人的には思っていて、ジェニー以外でほとんどコールはしないので、今ツアーでは全力で大声出せる唯一の曲だったかも。楽しい。
照明がカラフルなのも楽しくさせてくれる一因なのかな。


▼19.チョコレイト・ディスコ

これでアガらないわけにはいかない。代表曲中の代表曲。
ライブ終盤なのもあって本当に盛り上がりがすごかった。
間奏のチョコを混ぜて味見する振り、今ツアーでは出島付近に指を向けて客に味見させることが多かったんだけど、最終日はなかった。ちょっと残念だったり。
フィニッシュの三人の姿が本当にかっこよかった。


▼20.MY COLOR

あ「せーのと言ったら右手を上に挙げてください!一度しか言いませんよ!せーのっ!」の入りで始まるこの曲。
歌い出しの際に照明が会場を眩しいほどに明るくする部分も含め、この曲の入りを生み出した人は本当に天才だと思う。ノーベル平和賞あげたい。
この辺から自分の中で何か外れて、それ以降号泣だった。
しかしMY COLORは一体感のある楽しい曲なので、号泣しながら口元は笑っているという最高に気持ちの悪い感じになってしまっていたと思う(笑)
結局最後まで公式の発言もなく、「外内外外」「指一本で右左」などが鏡なのか三人と同じ方向でやればいいのかはわからなかった(笑)
曲が終わっても右手は下ろしたくなかった。


▼Encore MC

三人がSoLの衣装に着替えて登場。
あ「今日のライブはいかがでしたか?」
の「今日のお客さんはこんな感じね(悪戯っぽい顔)、何か今後友達になれそう」
か「私たちはツアーで全国をまわってきたわけだけど、今日この会場に来てくれたみなさんと、素晴らしいライブができて本当に良かったです、ありがとう」

武道館の外に200人以上の音漏れ組がいることを聴いたらしく、三人でお礼を言う流れに。
あ「200人いうたらo-east一杯になる。ボックスも」
観客含め全員で?という話に一度なるが、あ~ちゃんが「三人で」と判断。
それが正解だと思う。チケット取って入ることができた自分たちがお礼を言うのも何か変だし…。
何と言うか決めずに言い始めてしまったので一度グダるも、二度目には声をそろえて「外のみんな、ありがとう!」と。
届いた人には届いたと思う。200人以上って凄い。
この時、場内が静かになったのも良識あるファンが多いからだなとしみじみ。
SSAで一番上の客の声を聞く際に3万人が静まったと聞いたが、なかなかできることじゃないと思う…!

総括というか、あ~ちゃんから今後の話。
「まだ何も決まってない」と言うが、あ~ちゃんがこういう時はだいたい既に何かが決まっている。
「次はもっと大きいステージで会いましょう」「また帰ってくるから…」という台詞が非常に気になる。
後者の台詞は特に…。どこで活動しようが絶対ずっと応援するけど!


▼21.Spring of Life

あ「人生の春はいつだって自分次第。中田さんは良い曲を作ってくれた。」
三人はいつだってそう思ってここまでのぼってきたんだと思う。常人には無理や…。
MVのように曲に合わせて輝く衣装。仙台からセトリに入ってきたが、武道館ではフルということで見られてよかった。
コミュもSoLもカメラ回っていたけど、映像化は広島メインで二曲を追加収録とかかな。
間奏のエレクトリカル・パレードのような部分はMVのまま。
好きな世界観なのでそのままを見られて嬉しかった。
前回の武道館でも三人はアンコール一曲目に「Perfumeをあらわす曲」を持ってきていた。
今回もそうなんだと思う。


▼22.心のスポーツ

今ツアーではこの曲とMY COLORが本当に強くなったと思う。
最早セトリから外せないレベル。パピラやw2も捨てがたいけど。
間奏で三人がやる準備体操みたいな振りがイチイチ可愛い。
「Perfumeの参加型ライブ」、最高だよホント。




心のスポーツを終え、最後にまた階段の上でお辞儀をする三人。
会場中で起こる拍手がいつもより長く感じられた。実際長かったんだと思う。
GAMEツアー・⊿ツアーのようなサプライズは無し。
あったといえば心のスポーツ後に客電がかなり明るくなったくらい。
しかし、その日武道館に集った全員の顔が見える光景は三人にとって嬉しいものだったのではないだろうか。
「それでは、Perfumeでした!」
ライブ終了を告げるこの一言が、充実感・達成感を強くさせるものに年々なっていく気がする。

やはりどの会場でも三人が与えてくれる多幸感。
これがあるから三人のファンでい続けたいと思うし、どれだけ大きくなっても応援し続けたい。
最終日、参加できてよかった。




●どの流れでやったのかわからないMC

のっちがコール&レスポンスの際に噛んだという流れ?から、あ~ちゃんとのっちでモンスターエンジンのネタ。
ネタはしっかりキマったのだが、のっちが振り返った際にモニターに自分が映っていなかったことを確認し拗ねていた。あ~ちゃんは恥ずかしがっていた。

あ「昨日(三日目)はそっち(南東スタンド)でアクビしとる人がおった。それ以来南東恐怖症」
か「アクビがトラウマに…(笑)」

南西一階にハリセンボン春菜が来ていた。
 あ「ライブ後とかに会うの前提でメールしてくるけど、厳しい(笑)」
その後もあ~ちゃんとやりとりをするが、なんだか春菜が目立ちすぎてるので、あ「ウチらのライブじゃけえ」。
その後の「好きだけどね」というフォローは流石。

かしゆか、こうして大勢の前でしゃべっているが「20人くらいの少人数授業で原稿読むのも心臓バクバクだった」。




以上が最終日レポなのかツアー感想レポなのかよく分からないレポになります。
補足や指摘など、何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

ネタバレ解禁がまだでしたら早急に消させていただきます。ご連絡ください。(Twitter: @_aoky )

2 件のコメント:

  1. SAA2日目と武道館最終日に参加した者です。
    レポ、楽しませて頂きました。感動が蘇ってきます。
    Perfume、ホントにイイですね!

    返信削除
  2. お読みいただきありがとうございます!
    ホントに良いですよね!沖縄行きたかった…

    返信削除